目上の方を先に奥の方へ座ってもらう

少し前のビジネス雑誌にビジネスマナーについて興味深い記事がありました。それは営業先でタクシーに乗る時の順番に着いてです。普通であればお客様とか目上の方を先に奥の方へ座ってもらうべきです。それが本来のビジネスマナーですから。しかしながら、その時の記事は違っていました。「通常であればそれでいいでしょう。しかし、相手が高齢者であれば奥の方へ行くのは辛いはずです。僕も経験がありますが中には奥ではなく降りるのが大変だから手前がいいという方もいらっっしゃいました。その他にも名刺の渡し方や電話の取り方や服装についても多種多様なビジネスマナーが存在します。ただビジネスマナーとは本来相手に気分よくなってもらう為に行うべきものです。ルールを守る事が目的化してはいけない」確かにその通りです。マナーって基本的になんでしょう?僕は相手に対する思いやりだと考えています。ある程度ルールがあるのは型をつくっておけば無難に相手に良い印象を与えられるからだと思っています。しかし中には先述したような場合も考えられます。であれば、その人に合わせた行動をするのが本当は一番いいのではないでしょうか?それがマナーの中でも一番重要な事だと僕は思います。

ミュゼ 上通り

事業者ローンには銀行系とノンバンクがあります

事業者ローンという金融商品が注目されてきていますが、事業者ローンとはどういったものなのでしょう。消費者金融は主に個人を対象にしていますが、金融業者の中には自営業者を対象にした事業者ローンという融資を行っています。事業者ローンとは、設備投資や事業運営などに用途を限定して融資を行うものです。事業者ローンの融資を受けるには、過去3年間の決算が記載された資料が必要です。

確定申告書の控えがあれば、それを提出すればいいでしょう。その他、印鑑証明も必要です。一般的なキャッシングと比較すると事業者ローンは低金利で、借入限度額が高めになっているという利点があります。審査がスピーディで、金融機関によってはその日のうちに融資をしてもらえます。大別すると、事業者ローンには銀行系とノンバンクがあります。銀行系の事業者ローンは比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能です。月々の返済金額も低く抑えられますが、審査に時間がかることや、審査条件がきついという特徴があります。

ノンバンク系の事業者ローンのメリットは、スピードです。銀行系と比較すると高金利で、借入限度額が低い傾向がありますが、審査がすぐに終わるために資金をすぐに欲しい人向けです。今はどんなシチュエーションで資金を必要としているかによって、銀行系とノンバンク系を選択することが、事業者ローンでは大事になります。

N-BOX 下取り相場