目上の方を先に奥の方へ座ってもらう

少し前のビジネス雑誌にビジネスマナーについて興味深い記事がありました。それは営業先でタクシーに乗る時の順番に着いてです。普通であればお客様とか目上の方を先に奥の方へ座ってもらうべきです。それが本来のビジネスマナーですから。しかしながら、その時の記事は違っていました。「通常であればそれでいいでしょう。しかし、相手が高齢者であれば奥の方へ行くのは辛いはずです。僕も経験がありますが中には奥ではなく降りるのが大変だから手前がいいという方もいらっっしゃいました。その他にも名刺の渡し方や電話の取り方や服装についても多種多様なビジネスマナーが存在します。ただビジネスマナーとは本来相手に気分よくなってもらう為に行うべきものです。ルールを守る事が目的化してはいけない」確かにその通りです。マナーって基本的になんでしょう?僕は相手に対する思いやりだと考えています。ある程度ルールがあるのは型をつくっておけば無難に相手に良い印象を与えられるからだと思っています。しかし中には先述したような場合も考えられます。であれば、その人に合わせた行動をするのが本当は一番いいのではないでしょうか?それがマナーの中でも一番重要な事だと僕は思います。

ミュゼ 上通り