事業者ローンには銀行系とノンバンクがあります

事業者ローンという金融商品が注目されてきていますが、事業者ローンとはどういったものなのでしょう。消費者金融は主に個人を対象にしていますが、金融業者の中には自営業者を対象にした事業者ローンという融資を行っています。事業者ローンとは、設備投資や事業運営などに用途を限定して融資を行うものです。事業者ローンの融資を受けるには、過去3年間の決算が記載された資料が必要です。

確定申告書の控えがあれば、それを提出すればいいでしょう。その他、印鑑証明も必要です。一般的なキャッシングと比較すると事業者ローンは低金利で、借入限度額が高めになっているという利点があります。審査がスピーディで、金融機関によってはその日のうちに融資をしてもらえます。大別すると、事業者ローンには銀行系とノンバンクがあります。銀行系の事業者ローンは比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能です。月々の返済金額も低く抑えられますが、審査に時間がかることや、審査条件がきついという特徴があります。

ノンバンク系の事業者ローンのメリットは、スピードです。銀行系と比較すると高金利で、借入限度額が低い傾向がありますが、審査がすぐに終わるために資金をすぐに欲しい人向けです。今はどんなシチュエーションで資金を必要としているかによって、銀行系とノンバンク系を選択することが、事業者ローンでは大事になります。

N-BOX 下取り相場